カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違いについて

銀行などの金融機関や消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合、サービスの提供の仕方によって、大きく二つの借り方があることはご存知でしょうか。一つはカードローンと呼ばれるサービスで、もう一つはキャッシングと呼ばれるサービスです。 カードローンというのは、比較的新しいサービスで、まずもって、100万円、200万円というように、利用者が利用可能な最大限の枠(貸出限度額と呼びます)を設定します。そして、その枠の範囲内ならば、特に条件を付けることもなく、お金を借りたり、また、お財布に余裕がある場合には、借りたお金を返したりということを自由にできます。

 

利用者にとっては、一度返済を行ったものの、急に物入りになったときなど、所定の条件の範囲内で自由に貸し借りを行うことができるので、利便性が高いと言えるでしょう。また、この時の追加融資に関しては、原則として審査などは行われません。審査は、カードローンの申し込みを行った一度きりで、後は特別なことでもない限り、限度額の範囲内で自由に利用することができるわけです。

 

ただ、利用者にとっての利便性が高いという点には、逆の角度から注意も必要です。便利なサービスということで、カードローンの限度額が、自分のお財布のような感覚に錯覚してしまい、ついつい追加融資を繰り返して、借金がなかなか減らないという心配もあります。 この点は、カードローン利用者が陥りがちな問題で、逆に言うと、貸付けを行う業者は、この点に狙いを定めて、いつまでも金利を払わせるための仕組みを作っていると考えるべきで、上手いサービスには、どういう意図が隠されているのかを理解し、罠に陥らないよう、注意が必要です。

 

ただ、カードローンは、キャッシングと同じように借金をしているんだという自覚を強く持って臨めば、便利なサービスであることに変わりはありませんので、自制心を強く持ち、計画性をもって、返済するようにして下さい。 カードローンと比べた場合、キャッシングというサービスは非常にシンプルなサービスといえます。キャッシングは、文字通り借金であり、100万円、200万円というように、まとまったお金を借りたならば、後はこれに所定の金利を付けて、返済していくというシステムです。一たび借金をしたならば、基本的には返済一方ということになります。

 

追加の融資を受ける際には、現在のキャッシングとは別に追加融資を申請し、審査を経て、可否が決まることになります。カードローンと比べると、柔軟性に欠けるような印象がありますが、借りたお金に金利をつけて、毎月支払っていくことが求められますので、システム上、毎月、借金は確実に返済していきます。 カードローンの場合のように、当初の返済計画に追加融資を繰り返してしまい、いつ借金の清算が行われるのか分からないというようなことは、システム上ありませんので、そういう意味では、より安心した利用が可能ということも言えるかもしれません。

 

最終的には、ご自身の生活パターンを考えてみて、どちらのシステムを利用するのが望ましいかということになるのですが、この場合、ご自身の性格というか、物の考え方というのも一つの大きなポイントだろうと思われます。 借りたもお金は、いずれ必ず返さなければなりませんので、強い意志を持って、借金問題に取り組めるという場合には、カードローンを利用し、どうもご自身の意思の強さに自信がないという場合には、借金問題を後々深刻にさせないために、キャッシングを利用するというのも、一つの考え方だろうと思います。

 

この辺のことは、設定される金利や借金の総額と併せて、意外と大きなポイントになってきますので、十分に検討した上で、利用方法を選択するようにして下さい。