カードローンを簡単に借りる

カードローンを上手に利用する

銀行や消費者金融からお金を借りることにはなんとなく抵抗があるという人は少なくないはずです。しかしカードローンは上手に利用することで利息を支払わずにお金を借りることができたり、借金返済を軽くするための手段として用いることができるのです。

 

たとえば初めてカードローンを利用する人に対し、多くの金融機関は無利息サービスを提供しています。このサービスの内容は初めてカードローンを利用する人に限り、30日以内に全額返済することができれば利息を支払う必要がないというサービスです。そのためカードローンを初めて利用する人はしっかりとした返済計画を立て、30日以内に全額返済できるようにすれば利息無しでお金を借りることができるのです。また消費者金融のカードローンは返済能力がある人を対象としています。そのためアルバイトを行っていても定期収入がある人に対してはお金の貸し出しを行っているというのも大きな魅力です。

 

しかしどんなに返済計画がしっかりできていても、思いに留めておくべき注意点もいくつかあります。まずは手数料です。カードローンのメリットの1つはインターネットで申し込み、そして審査が行えるということです。そのため審査をパスした後に金融機関からお金を自分の銀行口座に振り込んでもらったり、最寄のATMを用いて引き出すなら遠出をせずにお金を手にすることができるわけですが、このような場合は手数料がかかることがあります。しかしこれは大きな額ではないために、気にならないという人がほとんどです。しかし完全に無料でお金を借りられるわけではないという点は知っておくべきです。

 

また消費者金融でカードローンを行う場合、総量規制という決まりが適用されます。総量規制とは消費者金融から1度に借りることのできるお金の最高額は年収の3分の1までであるという決まりです。そのためどんなに借金の返済能力があったとしても、年収に応じて借りることのできるお金の額は決まってしまうのです。それで消費者金融から大金を借りることを望んでおられる人の中にはそれが不可能なケースも生じてしまいます。

銀行のカードローンは総量規制の対象外

これとは対照的に銀行で行うカードローンには総量規制が適用されません。そのため大金を借りるには銀行のカードローンを利用するのが一番です。しかし銀行でのカードローンの審査はアコムなどの消費者金融のものと比べると非常に難しいとされています。そのため審査をパスできるかどうかは定かではありません。それでも銀行のカードローンには大きなメリットがあるために、審査にトライしてみるのはよいことです。たとえば銀行のカードローンは年利が低いことで知られています。消費者金融に対する借金の返済で苦しむ人の多くは高額な利息の支払いがネックとなっています。しかし銀行のカードローンを利用すれば、そのような借金返済を楽にすることも可能です。まず銀行のカードローンでお金を借ります。そして借りたお金で消費者金融からの借金を返済してしまいます。このような仕方で借金の返済先を消費者金融から銀行へと変更するのです。このような変更は大きなメリットをもたらします。先にも述べたように、銀行の年利は消費者金融の年利に比べると非常に低いものです。そのため返済先に支払う利息の額が大幅に減ります。実際にいくつかの銀行は消費者金融への利息の支払いが苦になり、借金返済が滞っている人に対しておまとめローンという名前でお金を貸しています。

 

このようにカードローンは上手に利用することで無理なく返済を行うことができます。そのためまずはカードローンのシステムやサービスについてよく調べ、しっかりとした返済計画を立ててから利用するなら問題が生じることは滅多にありません。

カードローンの返済方法の種類と特徴

近年、カードローンの利用者が大幅に増加していますが、その背景には借入金の返済方法が豊富になったことがあります。過去、消費者金融が出始めたばかりの頃は店舗へ持参するか、銀行振込にするしかなく、店舗に入るのに周りの目が気になったり、銀行振込では手間や多額の費用を取られたりしていました。しかし、現在では多様な返済方法が提供されており、利便性が非常に向上しています。返済方法には下記のものなどがあります。

店舗窓口・専用ATM

店舗窓口や専用ATMからの返済は当然、手数料が掛かりません。現在では、大手消費者金融のほとんどが銀行グループに加わっているため、過去に「サラ金」と呼ばれていた時代の暗いイメージは払しょくされており、入店がしやすくなっています。とは言え、銀行ならともかく、消費者金融の店舗に入ることに抵抗を感じる人は未だに少なくありません。また、消費者金融の店舗は数が少なかったり、店舗自体が無かったりするため、消費者金融カードローンの場合は店舗窓口での返済はほとんど利用されていません。一方、銀行の場合は周りの目を気にする必要が無く、店舗数やATMが多いため、銀行カードローンでは専用ATMからの返済がかなり行われています。

口座引き落とし

返済方法の中で一番便利な方法であり、手数料も無料です。口座引き落としにすれば返済のことを気に掛ける必要が無くなり、引き落とし口座を給与の振込口座にしておけば、口座の残高を確認する手間も要りません。ただ、消費者金融カードローンでは利用者の保有するどの銀行からでも口座引き落としができますが、銀行カードローンの場合は一部のネット専業銀行を除いて、当該銀行の口座からしか引き落としができません。従って、当該銀行で給与の受け取りをしていないと利用価値が薄れます。特に、銀行カードローンには、約定返済が当該銀行の口座からの引き落としに限定されているものが多いため、注意が必要です。

コンビニATM

コンビニは日本全国どこにでもあり、24時間営業のため利用するのに非常に便利です。そのため、単発的な借入の場合はコンビニATMの利用されるケースが多くなっています。また、口座引き落としの場合は月に1回の返済であるため、必ず1ヶ月分の利息を取られますが、コンビニATMを利用すればいつでも返済できるため、無駄な利息を支払わずに済みます。例えば、借入をした日の翌日にATMから返済すれば利息は1日分で済みますが、口座引き落としだと借入日によっては30日分の利息を取られます。また、ほとんどのカードローンがセブンイレブンやローソン、Enet(ファミリーマート、サンクス、他)など、すべてのコンビニATMを利用できるため、ATMを探すのに手間取るということがありません。ただし、銀行カードローンではコンビニATMの手数料の掛からないものが多くありますが、消費者金融カードローンは必ず手数料を取られるため、効率的に利用しないと、ATMの手数料が利息以上に膨らむことがあります。

インターネット振込

最近、とみに増えている返済方法が「ペイジー」を利用したインターネット振込です。インターネットを利用するため、端末さえあれば自宅や出先からでも返済することができ、わざわざ銀行やコンビニに出向く必要がなく、夜中の手続きでも瞬時に決済されます。手続きもホームページにある専用フォームに必要事項を入力するだけなので、非常に簡単で便利です。振込手数料も掛かりません。

マルチメディア端末

消費者金融のカードローンの中にはローソンやファミリーマートなどにあるマルチメディア端末の「Loppi」や「Famiポート」から返済できるものがあります。手数料も取られないのが一般的です。

銀行振込

過去にはよく利用されていましたが、振込手数料が非常に高いことや、手間が掛かるため、現在ではほとんど利用されておらず、利用価値も全くありません。

 

カードローンをインターネットでお申込みし即日融資を受けるには

カードローンから即日融資を受ける際のお申込み方法にはインターネットが一番手軽です。インターネットなら24時間いつでもお申込みを受付しているので時間を選ばないです。最近では携帯電話でもスマートフォンでもお申込みができるので場所も選ばないです。まずはカードローンのサイトへアクセスしお客様情報や勤務先情報などを入力して送信すると審査が開始されます。

 

審査はスピーディーなカードローンで最短30分です。お申込み順に審査が開始されるので混雑状況やお申込み時間などによって審査結果が出るまでの時間に差があります。審査を行っている時間は9時から21時くらいまでのカードローンが多いので、即日融資を受けたい時は21時以降と遅くなると間に合わなくなってしまいます。しかもインターネットでお申込みした時の即日融資は口座への振込が基本です。口座へ振込できるのは平日15時まで、多くのカードローンでそれより前の平日14時までに手続きが完了していないと翌営業日になってしまいます。

 

そのためインターネットでは24時間お申し込みは出来ますが、即日融資を受けたいときはお申込みを開始する時間に注意された方が良いです。カードローンによっては全国に自動契約機を設置しており、自動契約機にもよりますが21時くらいまでと夜遅くまで営業しています。インターネットでお申込みし審査に合格した時点で平日14時を過ぎてしまっていても、自動契約機で契約しカードを受け取りすればまだ大丈夫です。自動契約機の営業時間である21時を過ぎてしまうともう間に合わないので注意が必要です。

クレヒスも審査対象

カードローンを申込む時、名前や住所や電話番号を書いて本人であることを確認する確認する為に本人確認書類の提示を求められます。そして年収や勤務先や勤続年数、雇用形態、居住状態なども書かされます。これらは何故書かされるかというとこれらも審査対象だからです。審査対象としてスコアリングして点数を付けていきます。この点数でいくらまで貸せるかを決めます。そして継続的かつ安定的な収入を得ているかを確認する為に在籍確認と言って会社に電話してまで働いているかを確認します。そこまで審査してもまだ審査は終わりません。

他社の借入状況をチェックです

まず信用情報機関にカードローンを申し込んできた人の借入状況の情報開示を請求します。それで他社からいくら借りているかを調べます。この時クレヒスもチェックします。クレヒスとはクレジットヒストリーの事でして、返済記録の事を言います。クレジットカードで買い物をした時にちゃんと遅れずに払っているかとも確認します。だからクレジットとキャッシングは関係ないからクレジットの方を延滞していても大丈夫と思っていても、信用情報の審査でばれてしまうということです。法律的に両者は違うから、審査は別々に行われますが、審査に関しては同じように調べられてしまいます。だからカードローンの方を延滞しているとクレジットカードも審査が通らなくなります。だからカードローンを申し込む時は物を買った時も支払いを延滞しないようにしておくべきです。

審査が有利になるために大切な事

カードローンを利用する時に1番大切な事は、まず審査に通ることです。審査に通らなければ借りることも出来ないです。ですが、たいていの人はローンがきちんと通るのかが1番不安になります。しかし、通るための大事なポイントを押さえておけばスムーズに通過出来ます。そのポイントとは、低い限度額で申し込むことです。申込者の収入で返済能力に応じて定められる限度額を低い額で申し込むことでカード会社から信用を得ることができます。限度額を高い額に設定するときちんと返済できるのかカード会社から不安がられるので、あまり高額な限度額にしないほうがいいです。

 

また、正確な情報を記入することも大切で、嘘をつかないで申告するということは、信頼されるという面で絶対条件です。記入漏れや記入ミスも虚偽の深刻と判断されるので、注意して記入しましょう。また、なるべく印象をよく見せることも大切で、審査をする上で嘘をつくのは絶対にしてはいけないことですが、嘘ではない範囲で自分をよく見せるというのは大切なことです。最後に、複数社に同時申込みをするのは極力避けたほうがいいです。複数に申込みをすると返済先が増えることにより返済能力が低下するとみられるので不利になることが多いので、しないことにこしたことはありません。

 

このようにどのカードローンを利用したとしても審査に通るポイントというのは、だいたい同じです。どういう人間にだったらお金を貸したいと思うのか自分でも一度考えてみて出来るだけ審査が有利になるように心がけることが大切です。